そんなあなたにレボリューション

トイレに行きたくても、行けない状況で、脳内で再生されるメロディー・フレーズはありますか?

f:id:ecotiya:20171221113507j:plain

行きたい…行きたい…行きたい…





行きたい



むしろトイレが来い




ワンパターンブログ



トイレに行きたくても、行けない時

こんにちは、どうも、えこちやです。

トイレに行きたくても行けない時ってありますよネ?

行きたくても行けない時のパターンは2つあると私は考えております。

①喋ることができない場所で行きたい時
②喋ることができる場所で行きたい時


まずは①から記載します。




①喋ることができない場所で行きたい時

仕事の会議中、上司やお偉方がお話中、会社での飲み会で社長が偉そうに語ってる時、

基本的に引きこもりなので、仕事中関係の抜け出せない状況しか思いつきませんが、

みなさんはどうでしょう?


そんな時は何を想像しますか?

何が頭の中で繰り返されるでしょうか?


基本的に(私の経験では)

3段階の危険信号があると考えております。


第1段階:仕事(物事)に集中して尿意を忘れようとする

尿意または便意を感じた瞬間に、そちらへ意識は集中してしまいますが、まずは今の物事に集中します

以前の職場で、お客様とシステムに関する打ち合わせをしていた際に、尿意を催したことがありました。
その時は、議事録の記載を行っておりましたが、私はお客様の言葉を、テキスト入力するだけのマシーンだと思い込み尿意を忘れようとしました


第2段階:神に祈り始める

早い段階から、私は神に祈り始めてしまいます。

催した時以外には神へ祈ることはありませんが、催したときはなんでもすがります。

トイレの神様、膀胱の神様、おねがいします。膀胱を大きくしてください。


俺の膀胱の中身を、シェアしたい。シェア膀胱しようよ。シェアしよう。

膀胱の中身をトイレへワープさせる超能力者。

今だけでいい、今だけでいいから、時間を止めたい。


私はたった一言「トイレに行きます」

これができない。 なぜなら臆病だから。漏らすよりも5000倍いいのに。気にするんです。

アホですネ


第3段階:漏れていないか心配し始める

究極段階になると、漏らしたか漏らしていないかがわからなくなってしまいます。

股間部に手を触れ、湿っていないか確認し、状況の確認を行います。


漏れてないかな?

声に発せない状況では、漏れてないかな? の連続です。


漏れはしませんが、痛み・頭がぼーっとし・指先が震え始める。

ワルプルギスの夜



②喋ることができる場所で行きたい時

これは、もうトイレに行きたい歌を歌うしかないでしょう。

私は専ら、車を運転している最中に、こういった状況が多いです。

みなさんも、同じではないでしょうか?


ありとあらゆる、音楽、最近話題のJPOPが


あっという間にトイレへ行きたい歌へ早変わり



もう飽きましたネ




そろそろアルバイトへ行く準備をするので、ここで終わります。

また明日、会いましょう





おしまい